【ナビ目的地設定のお願い】
店名(ケーアンドアール)と電話番号で検索すると旧店舗に案内されるため
「愛知県名古屋市中川区西伏屋2丁目604番地」住所検索をお願いします。

秋の味覚!!!いくらちゃん!


%ef%bd%b2%ef%bd%b8%ef%be%97四日市の事務員です。

さて、秋になりました。

四日市の湯の山ではまだ紅葉には早いようですが・・・・

事務のおばちゃんは、スーパーで見つけました。

 

筋子です。

魚卵大好きな我が家では、思う存分イクラを乗せた

イクラ丼は憧れです。

しかああああし、イクラは高い。高級品です。

外食で頼むと、私のお財布は干からびて粉々になってしまうぅぅぅ!

 

なので、おばちゃんはスーパーで筋子を見つけたらちょっと値は張るけど

1シーズンに2回くらいはがんばっちゃうのです。

10月下旬から11月という、短い期間に旬を迎える筋子さん。

ほぐすのが難しく感じますが、実は簡単なんですよね♪

まず、用意するのは100均でも売られている魚焼き用の網。

そして、ボウルに約40度のお湯を入れます。

購入した筋子さんをそのお湯にさらりとくぐらせ、塩水を張ったボウルに網をセットします。

筋子さんは少し白くなりますが、気にしないで網にごしごしとこすりつけます。

そうすると、筋子さんの皮をのこし網目から下のボウルへと落ちていくのです。

まっさかさーまーにー落ちた筋子さん♪

この皮や血あいが残ると生臭くなっちゃうので、手早く取り除きます。

1~2回、冷たいお水でつぶつぶを洗います。

ポイントは、手早く・素早く!時間をかけてしまうとイクラの皮が固くなってしまうの。

ざるにあげて、冷蔵庫に入れて水をよく切ります。

水が切れると、またきれいな赤色に戻るのよ!

 

さて、漬けタレのレシピですが、これはみなさまお好みで。

わがやはちびっこがいるので、醤油・酒・みりん・を1:1:1で。

市販の白だしと昆布を適当に入れて鍋にかけます。

冷ましてタッパーに入れ、冷蔵庫からだしたイクラをつけて一晩おいて

できあがりです。

ただ、醤油が多くていつも黒くなっちゃうので、研究中です。

 

みなさん、秋の味覚をぜひお試しあれ!