台風の前に・・・・


こんにちは、四日市の事務員です。

さて、ここはとても自然豊かなわけです。(いまさらですが。)

我が家も自然豊かです。虫いっぱいです。

そんな我が家には今は亡きじいちゃんが植えた栗の木があります。

毎年、子供たちは栗拾いを楽しみにしています。

私も幼少のころから栗ゲット係として育てられました。

栗は、落ちてるのを拾うんではありません。

いがを落として、いがいがを開いて栗を取り出すものなのです。

 

今年は台風がたくさんきたので、実が大きくなる前に落ちてしまいました。

そこで、次の台風の前に今実っているのだけでも取ってしまおう!と

子供たちが言いだしました。

これは、『ママ、いがを落として剥いてちょうだい!』ということですね。

仕事から帰って、着替える間もなく栗の木へ連れて行かれる私。

ちょっと呼ばれただけかと思い、サンダルですよ。

しかもスカートですよ。

子供たちにはそんなのかんけーねぇ!

 

イガをたたくため

私に手渡されたのは

竹馬(笑

 

アルミとはいえ、結構重いですよ。

母は、スカートにサンダル履きで、竹馬を振りかぶってイガを落とします。

サンダルで、イガを踏んで剥きます。

出てきた栗、子供が取りだします。(いいとこどりですね。)

 

一つのイガに

1個しか入っていないので

けっこう大変です。

 

前日の台風で落ちたのもあったので、かき集めても10個くらいでした。

やっぱり今年は残念な結果になりました。

もちろん、家族のリクエストは『栗ご飯』。

今年最初で最後の栗ご飯になりました。