危険なHybrid 2


こんにちは!ケーアンドアール 本社整備工場です。前回に続き、Hybridの修理の一部をご紹介します!前回の部品の中身をばらしてみました!↓

 

image4     

 

 

 

 

 

 

あの黒いケースの中身です。黒いカバーを開けた状態です。基盤やら配線やらでいっぱいですね(^_^;) まず上から見えるこの基板を外しました!↓

 

image5

 

 

 

 

 

 

 

また何か被っていますね!この鉄板も外します!↓

 

image6

 

 

 

 

 

 

 

また基盤が出てきました!さすがHybridシステム!これらも分割しました!↓

 

image8

 

 

 

 

 

 

 

image9

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ハイブリッドインバーター異常とのことで、このバラバラにした部品のどこかが故障なのですが、ここまで複数の基盤や配線・リレーを使っていると特定がかなり難しいですね(^_^;)この複数の部品のどこか1個でも故障が出ると、エンジンマークやハイブリッド異常ランプを点灯させると思われます。

また、この部品は熱を持ってしまうので、冷却水で冷却する構造にもなっています。↓

 

image10

 

 

 

 

 

 

 

image11

 

 

 

 

 

 

 

裏返しにした状態で裏のカバーを外しました。ここに冷却水が通っています。

この中の不良個所の特定はできませんでした(おそらく基盤??)明らかに断線していたり、基盤の焼けがあれば、そこであろうと特定はできるのですが、今回は目立った損傷はありませんでした。しかし、特定できたところで、部品としてはアッセンブリ(丸ごと)しか出ないのが残念ですね。 ※そういった部品結構あります(^_^;) 特にこういう精密な部分はそうですね。

めったに無い作業でした!今後、またこのような作業があれば投稿したいと思います(^・^)