クラッチ滑り!


こんにちは!ケーアンドアール 整備工場 水谷です。

本日はクラッチ滑りの修理がありましたのでご紹介します!

あるトラックのクラッチ滑り修理のご依頼をいただき、車両を引上げに行きました!クラッチペダルを放してブレーキを踏んでいてもエンストしないくらい滑っていました!(普通はエンストします)車から焦げ臭い匂いがかなりしていましたので、きっとクラッチディスクは極限まで摩耗していることでしょう(笑)

早速クラッチオーバーホール!まずはディスク↓

image1

image3

表面はリベットがむき出しになるほど減ってしまい、上から見るとペラペラになっているのが分かります。新品はこの状態↓

image2

image4

ちょっと分かりにくいですが、厚みが全然違いますね(^_^;)

続いてクラッチカバー↓

image5

image6

ディスクの当る部分がもうボコボコですね(笑)新品はこれ↓

image7

image8

続いてフォークとピポットです↓

image9

写真では分かりにくいですが、ピポットがフォークにハマる部分(写真のちょうど真ん中辺り)がかなり摩耗していました!

当然、スラストベアリング・パイロットベアリングも摩耗・交換になりました!

今回のトラックに限らず、マニュアル車をお乗りの方は、クラッチの滑りを感じたら、早めに点検・修理をお勧めします。あまり放っておくと、路上で止まってしまい、大事故につながる恐れがありますので注意しましょう!